鳥取中部地震の災害状況について(報告)

2016 年 10 月 24 日| カテゴリー: 最新情報

10月21日に発生しました鳥取中部地震について、報告をいたします。

県全体としては、震源地が中部地区(倉吉市、東伯郡)であったため、東部(鳥取市、八頭郡等)西部(米子市、境港市、西伯郡等)は、被害もほとんどなく、会員のケガなどもないようです。

会員、卒業生、在校生の自宅家屋の損傷等の被害も現状では伺っておりません。

震源地である倉吉を中心とする中部地区は、家屋に一部被害がでている会員もありますが、ほとんどが部屋の中の本箱やタンス、テレビ、台所の食器等の転倒や壊れにより、物が散乱しているといった状況のようです。

会員についてはライフラインもほぼ問題なく、避難することもなかったようです。また、ケガもほとんどなく全員無事ですので、ご報告します。

しかし、まだ余震が続いており今後も注意を要しますので、今後何か変化がありましたら報告いたします。

鳥取県支部長  生田 正範