栗本閲夫記念奨学金制度設立の趣旨

順天堂大学体育学部教授、栗本閲夫氏は昭和60年2月3日に52歳の若さで逝去された。
栗本閲夫氏は順天堂大学体育学部の第1回卒業生であり、米国で修士号、博士号を取得された後、母校体育学部において教育と研究に心血を注がれた。
この間、7年間にわたり体育学部同窓会の会長を努められ、組織の基礎づくり並びに会の発展のために貢献された。
順天堂大学体育学部同窓会は、栗本閲夫氏の御功績をたたえ、ここに栗本閲夫記念奨学金制度を設立する。
本奨学金の基金は御遺族から本同窓会に賜った御寄付と栗本閲夫氏発案の灰皿基金とする。

栗本閲夫記念奨学金規程

第1条(目的)

志半ばにして急逝された、元体育学部同窓会会長、栗本閲夫氏のお名前を冠し、体育学部学生の勉学を奨励するために奨学金制度を設ける。

第2条(名称)

名称を栗本閲夫記念奨学金という。

第3条(運営)

本奨学金の運営・管理は順天堂大学体育学部同窓会がこれを行う。

第4条(資格)

奨学金を受けることのできる者は、順天堂大学体育学部の三学年から四学年に進級する学生の中で、学業成績が優秀で品行方正な者とする。

第5条(授与額)

奨学金は、金10万円とする。

第6条(選考)

対象者の選考は順天堂大学体育学部同窓会理事会で審議し、受奨者を決定する。

第7条(受奨者数)

受奨者は毎年1名とする。

付則

1.この規程は昭和62年4月1日より実施する。
2.この規程の改正は、順天堂大学体育学部同窓会代議委員会の議を経るものとする。